2020年7月 1日 (水)

最近のニュースから

もう2020年も半分終わりましたね。
1日くらい、ニュースで「今日は何もありませんでした。以上」みたいな日がないものですかね。

香港の民主派団体「デモシスト」解散を宣言。周庭さんや黄之鋒さんが離脱表明「また街頭で会いましょう」

香港の民主化運動の象徴であるこの2人はきっと、新しい状況に適応した形を模索しつつ、何らかの形で形で活動を続けるのでしょう。思ったことを何でも書くことができる自由と安全を享受している者としては彼らに尊敬の念を強く持っているし、身の安全を案じています。

それにしても中国共産党。強大な権力を振りかざしていますが、自分たちの統治に自信がないことの裏返しと言えます。力で抑え込むしかないわけですから。

まぁしかし、中国が約束や国際ルールを守らない国だということがますます世界の常識になりますね。台湾に1国2制度での統一を呼びかけていますが、香港でこんなことをしておいて、台湾人が信じるわけがありません。

多くの国が結束して中国の身勝手を許さないようにしてもらいたいです。日本以上に急速に少子高齢化が進む中国がいい気になっていられるのはあと20年か30年くらいではないかと思います。その間、アメリカ主導の国際秩序を維持することができればいいのですが。だからこそ中国は急いでいるのかもしれません。

韓国通商高官が立候補 WTO事務局長選、米動向カギ

南朝鮮人が国連事務総長を務めたときにどうだったかを世界は思い出すべきです。国際機関を自国の国益のための道具とすることは自明です。国際水路機関(IHO)のトップも南朝鮮は狙っていますが、それも日本海の名称をひっくり返そうという不純な動機からです。絶対に阻止しなければいけません。

東京都の新たなモニタリング項目を公表 小池都知事

石原知事の時代の蓄えを大方使い果たした今となっては休業補償の財源がない。だから休業要請できない。休業要請を回避するためには明確な数値基準があってはまずい。小池知事のそんな心の声が聞こえてくるようです。

| | コメント (0)

2020年2月27日 (木)

新型コロナウイルスと南朝鮮

日本も結構大変なことになっていますが、南朝鮮はさらに先を行っていますね。文大統領が終息間近みたいな発言をした途端にこれですから、笑い事ではないんだけど、笑っちゃい・・・いや、堪えましょう。

 

憤怒した大邱「中国は阻止せず自国民の封鎖をうんぬん、これが国なのか」

 

青瓦台(大統領府)と政府、そして与党・共に民主党が25日、武漢コロナ対策として「大邱・慶北地域を特別管理地域に指定し、通常の遮断措置を超える最大限の封鎖政策を施行する」と発表し、激しい反発を受けた。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2度「地域封鎖ではない」と釈明したが、大邱・慶尚北道の住民らは「入国阻止を求めている中国人の入国は阻止しないまま、自国である大邱の封鎖に言及するとは、これが国なのか」と憤怒した。最大野党・未来統合党だけでなく、与党からも「遮断と言えばよいものを、なぜ封鎖と言うのか。配慮がない」との批判が出ている。
(中略)
文大統領が直接火消しに乗り出したが、地域の民心は冷たかった。大邱に住むある大学生(23)は「防疫遮断と言えばよいものを、なぜあえて封鎖という表現を使うのか分からない」「大統領は『封鎖ではなく遮断』と訂正しても一言も謝罪がなかったのはあまりにも慎重さを欠いているのではないか」と話した。大邱で自営業を営むある市民(46)は「政府が先頭に立って大邱について『ゾンビ』養成所の扱いをしているようで不快だ」「国を運営する方たちは言葉一つに注意しなければならない」と指摘した。
 インターネット上でも政府への苦言が相次いだ。大邱市民と名乗るあるネットユーザーは「大邱封鎖という言葉で大邱の人たちは死ぬ。人間を殺しておいて申し訳ないという一言もない」と書き込んだ。SNS(会員制交流サイト)でも「中国人は阻止もできないのに、いざとなると自国民は捨てるということか。いったいどこの国の大統領か」との書き込みもあった。

 

【社説】「大邱コロナ」だなんて、疫病の震源地も韓国にしたいのか

大邱市のクォン・ヨンジン市長が「『大邱肺炎』という言葉を使わないでほしい」という呼び掛け文を発表した。インターネットやSNS(会員制交流サイト)などで「大邱肺炎」「大邱コロナ」といった言葉が無分別に使われ、「大邱封鎖」を主張する声まで出ているからだ。ある放送では「大邱発コロナ19」という字幕まで映し出した。クォン市長は「痛みに苦しむ大邱市民を嘲弄せず、政治的な道具とする行為も慎んでほしい」と訴えた。
 あたかも大邱をウイルスの震源地であるかのように間違って認識させた張本人は政府だ。保健福祉部(省に相当)長官が本部長を務める中央事故収拾本部が今月20日、報道資料の題目を「大邱コロナ19対応汎(はん)政府特別対策支援団稼働」としたことで問題に火が付いた。今回の事態は中国武漢から始まった。中国の患者は8万人に肉薄している。政府が中国に対してドアを開けているせいで、このウイルスが韓国国内に浸透したのだ。全ての国民が被害者だ。それなのに、これがどうして「大邱コロナ」になったのか。実際、感染者全体のうち40%以上は大邱や新天地教会とは何の関係もない。
 現在、大邱市民は口にすることもできない苦しみに直面している。大邱市民が何か間違いでも犯したのか。ところが間違いを犯した政府が罪のない市民の傷口に塩を塗っている。本当に大韓民国政府か。政府は2日後に「明らかなミス」として釈明したが、それが本心かどうかはわからない。青瓦台(大統領府)は「『武漢肺炎』という用語は使うな」と呼び掛けて、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は「韓・中は運命共同体」と発言した。中国の顔色をうかがって「韓・中ウイルス共同体」を築いたかと思えば、今度は「大邱コロナ」と言い出した。政権上層部の雰囲気が担当する政府職員にまで広まって起こった騒動ではないのか。

 
ソメイヨシノ、寿司、剣道など、何でも起源は南朝鮮にあると言い出すのが南朝鮮の方々の特徴のひとつですが、まさか新型コロナウイルスの起源まで自分たちだと主張するなんてね!

 

文大統領も隔離対象? 会議出席者秘書の感染判明

 

大邱市副市長イ・スンホ氏の秘書が武漢コロナ(コロナ19)に感染していたことが26日明らかになった。25日に文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主宰した会議に感染者と行動を共にした副市長が出席していたことで、感染拡大が懸念されている。
 大邱市によると、25日午後に副市長の女性秘書1人の感染が確認された。大邱市は副市長を自宅隔離させ、市役所別館101・102棟を閉鎖して消毒作業を実施することにした。
 イ副市長は25日午後、大邱市役所で開催された特別対策会議に出席。同会議には文大統領をはじめ、ユ・ウネ社会副首相兼教育部教育部長官、パク・ヌンフ保健福祉部保健福祉部長官、チン・ヨン行政安全部長官、クォン・ヨンジン大邱市長らが同席していた。
  感染判定を受けた副市長秘書は会議に出席していなかったが、大邱市はこの会議を取材したメディア関係者にも自宅隔離を要請している。
 もし、会議出席者全員の自宅隔離が必要となると、文大統領をはじめ防疫責任者、政策決定者全員が隔離対象となる。文大統領も隔離対象になる場合、国政運営への影響も憂慮される事態だ。


南朝鮮の大統領は退任後に刑務所送りになったりするのがお約束ですが、在任中に独房(個室の病室だけど)に入れられる初の大統領として歴史に名を刻めるかもしれませんね。

 

こういうことがあり得るというのも中国が全人代を延期した理由のひとつなんでしょうね。安倍首相はじめ国政を担う人たちも気をつけなければいけませんが、目に見えない敵だけに防ぎきれなかったときのことも考えておかないと、ですね。

 

| | コメント (0)

2020年2月16日 (日)

新型肺炎の蔓延はもはや止められない

武漢といえば、私にとっては10年前の旅行で成都行きの飛行機が悪天候のため武漢に着陸して、バスで成都まで移動することになったという思い出?の地。そこから世界中に広まりつつある新型肺炎。当初は楽観的な報道がされていて、「ホントかいな」と思っていましたが、やっぱりこうなったか。

無症状の感染者からでも感染するという時点で蔓延を防ぐのは事実上無理。いかにして時間稼ぎをして、その間に検査キット、治療法、ワクチンを開発するか。重症化リスクの高い人を守るか。それが肝心です。

首都圏の通勤電車を日々利用している私だって、新型コロナウイルスに感染していないとは言い切れません。十分な休養が大事だと言われているのに、こんな夜中にブログ書いてる場合じゃないか・・・。

| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

最近の気になったニュース

さいたま市、本庁舎移転で3候補 「ようやくスタートライン」

 

正式に決まるまでは油断できませんね。合併から20年近く、合併協定書を反故にしようとしてきた勢力がのさばっていますから。

 

保釈後出廷せず海外逃亡か 愛知・一宮市

 

取り調べ中に逃げようとした奴を保釈するなんて、裁判所はバカとしか言いようがありません。その尻拭いのために捜査機関のリソースが割かれ、他の事件への対応がおろそかになります。税金も無駄に使われることになります。こんな判断をした裁判所の責任を厳しく問う必要があります。

 

韓国向け半導体材料レジストの輸出管理見直し 最大3年分を一括申請可能に

 

これって、特定包括許可を出したってことじゃないの? だけど、この報道ぶりだと日本が譲歩したようにしか見えません。間違ったメッセージを南朝鮮に発するのは国益を損ねます。ちゃんと筋を通さないなら、はじめからやらなければいいのにという話になりかねません。

| | コメント (0)

2019年12月 1日 (日)

中曽根元首相死去

中曽根元首相が亡くなってしまいました。100歳を超えていましたから、この日が遠くないことは頭ではわかっていましたが、まだしっかりとお話しされている印象がありましたので、やはり驚きが先に立ちました。

 

首相在任当時、恥ずかしながら私は左寄りでしたので、中曽根氏のことはどちらかというと好きな政治家ではありませんでした。でも、今考えれば名宰相の一人と思います。

 

憲法改正を見届けてほしかったな。

 

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0)

2019年10月14日 (月)

今年のノーベル平和賞はいくらかマシ

今年の受賞者はエチオピアのアビー・アハメド首相と発表されました。この方についても受賞は時期尚早という声があるようですが、それでも実績を挙げている方のようなので、今年の選考はマシです。少なくともスウェーデンの生意気な小娘が選ばれなくてよかった。

 

私は人類が排出する二酸化炭素が地球を温暖化させているという説は正しくないと考えていますが、それは脇に置きましょう。それでも、あのような刺々しい言葉や態度や表情は独善的と感じるし、「平和」からは程遠いと言わざるを得ません。マスコミをはじめ、周囲が持ち上げるからあんなふうになってしまったのかな?

| | コメント (0)

2019年5月20日 (月)

疲れがたまっているので、手短に

オーストラリア総選挙 首相「奇跡」の勝利 与党が政権交代阻止

 

ひとまず、よかった。

 

岩屋防衛相「韓国との関係、元に戻したい」

 

バカなんじゃないの?

 

貴景勝復帰にさまざまな声 相手にやりづらさ、批判も

 

碧山が変化したのも無理はありません。自分との取り組みで力士生命に関わるような結果になるのは嫌ですからね。稀勢の里の件から学ばないと。親方が出場を認めたらダメでしょ。

| | コメント (0)

2019年5月13日 (月)

フランスで自己責任論

至極当然のこと。

 

韓国人含む人質救出、仏世論「無謀な観光客のせいで軍人の命が犠牲に」

 

アフリカ西部のブルキナファソで武装勢力に拉致されていた韓国人1人を含む人質4人がフランス軍に救出され、この過程でフランス軍の兵士2人が犠牲になったことをめぐり、フランスでは政府の警告を無視して危険地域に入った人質に対する非難の世論が沸き起こっている。

 ブルキナファソで人質になっていた4人のうち韓国人女性1人とフランス人2人は11日午後6時(現地時間)、フランス・パリに到着した。マクロン仏大統領が3人を空港で出迎えたが、大統領の表情は暗く、3人の無事の帰還を歓迎する人々もいなかった。

 理由は、人質救出作戦に投入されたフランスの最精鋭特殊部隊「ユベル」の隊員2人が作戦中に命を落としたからだ。隊員2人は武装勢力に自分たちの位置を感知されると、人質の安全を考えて発砲せずに武装勢力に向かって走った。その途中で至近距離から銃弾を浴びて死亡した。

 フランスでは人質となった旅行者らに対し、政府の「旅行警報」を無視して危険地域に入ったせいで何の罪もない軍人2人が犠牲になったとして、冷たい視線が注がれている。フランス人2人が拉致されたベナン北部のパンジャリ国立公園と、隣接するブルキナファソ南西部は、テロ集団の活動地域だとしてフランス政府が撤退勧告を出していた。

 ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では、救出されたフランス人2人に対し「法で処罰すべき」「無謀な観光客のせいで軍人たちの命が犠牲になった」など非難の書き込みが相次いでいる。

 マクロン大統領も同日、歓迎式の後「国家の義務は国民がどこにいても安全を保障すること」としながらも「2人の軍人が命を失った。政府の旅行関連の勧告は必ず守るべき」と強調した。

イ・ギョンミン記者

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

| | コメント (0)

2019年5月 5日 (日)

朝鮮式思考は全く理解できない

関係改善の流れに水を差す文大統領の安倍首相批判に元大使から懸念の声

 

「韓日、過去の不幸な歴史…絶えず問題派生で時に気まずく」

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領が2日、「日本は過去の歴史問題をしきりに国内政治に利用して問題を増幅させる傾向があるようで、非常に残念だ」と語った。新天皇即位と大阪で行われる主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を機に、わずかながら韓日関係改善の兆しが見られる状況で、文大統領は日本の安倍晋三首相を念頭に直撃弾を打ったのだ。

 文大統領は同日、識者らとの昼食懇談会で、「(韓日間には)過去に不幸な歴史があったため、絶えず派生する問題が起こっており、そのため両国関係が時に気まずくなるのは事実だ」とした上で、このように述べた。李鍾賛(イ・ジョンチャン)友堂奨学会理事長が「日本は令和時代に変わるなど、新たな転換点を探っている」として、関係改善が必要だと助言したことに対する回答だった。文大統領はこの前に、「(日本は)韓国の安全保障のためにも必要で、経済、未来発展のあらゆることのためにも日本と良い関係を結ばなければならない」とも言っていたが、日本批判に重点を置いた。

 外交関係者の間では、韓日外交当局が6月に大阪で開催されるG20サミットを機に首脳会談を推進している中、文大統領が日本を「あえて批判」したことを意外だと受け止めている様子だ。一部には、「首脳会談が行われても、2011年12月に李明博(イ・ミョンバク)大統領と野田佳彦首相=当時=が正面衝突した京都サミットが今回の大阪で再現されるのでは」という懸念もある。ある元大使は、「大統領が相手国の首脳を直接批判して外交的に問題を解決できるだろうか。この状況なら首脳会談はしない方がいいと言える」と述べた。

 一方、安倍首相は1日、産経新聞のインタビューで、「条件を付けずに北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会い、虚心坦懐(たんかい)に話し合いたい」「(金正恩委員長は)戦略的に判断できる指導者と期待する」と述べた。しかし、朝鮮労働党機関紙の労働新聞は同日、日本に対して「極悪非道な殺人魔、人間屠殺人の群れ」「(日本の帝国主義時代は)いくら歳月が流れても絶対に消すことができないだろう」と書いた。

 

 

「日本は過去の歴史問題をしきりに国内政治に利用して問題を増幅させる傾向がある」とのことですが、一体全体なにを捉えての発言なのでしょうか? 過去の歴史問題をしきりに国内政治に利用して問題を増幅させているのは文氏自身をはじめとする南朝鮮の皆さんなのに、冗談にもほどがあります。

 

「極悪非道な殺人魔、人間屠殺人の群れ」って、平壌にいる太った人でしょ。朝鮮半島には鏡がないのかね?

| | コメント (0)

2019年4月 2日 (火)

歴史ある元号の新たな伝統の始まり

考えてみると、私たちは歴史の節目を生きてきたものだと思います。2回目の改元をもうすぐ経験することになるのだし、もう1回くらい経験できる可能性だって十分にあります。西暦で考えれば100年に一度の世紀の変わり目を越えたどころか、千年紀を跨いだのは今の時代に生きていたからこそ。

 

それはともかく、5月1日からは「令和」。って、あれっ? 一発変換できちゃったよ。何で?

 

それはともかく(連発)、新元号を日本の古典から考案したのはよかった。私たちは1400年近い歴史がある元号の、新たな伝統の始まりを目撃したのだと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧