« 世の中は激動の日々なのに、憲法審査会は時間が止まっている | トップページ | 今年の8月は大変なことになりそうだ »

2020年7月 1日 (水)

最近のニュースから

もう2020年も半分終わりましたね。
1日くらい、ニュースで「今日は何もありませんでした。以上」みたいな日がないものですかね。

香港の民主派団体「デモシスト」解散を宣言。周庭さんや黄之鋒さんが離脱表明「また街頭で会いましょう」

香港の民主化運動の象徴であるこの2人はきっと、新しい状況に適応した形を模索しつつ、何らかの形で形で活動を続けるのでしょう。思ったことを何でも書くことができる自由と安全を享受している者としては彼らに尊敬の念を強く持っているし、身の安全を案じています。

それにしても中国共産党。強大な権力を振りかざしていますが、自分たちの統治に自信がないことの裏返しと言えます。力で抑え込むしかないわけですから。

まぁしかし、中国が約束や国際ルールを守らない国だということがますます世界の常識になりますね。台湾に1国2制度での統一を呼びかけていますが、香港でこんなことをしておいて、台湾人が信じるわけがありません。

多くの国が結束して中国の身勝手を許さないようにしてもらいたいです。日本以上に急速に少子高齢化が進む中国がいい気になっていられるのはあと20年か30年くらいではないかと思います。その間、アメリカ主導の国際秩序を維持することができればいいのですが。だからこそ中国は急いでいるのかもしれません。

韓国通商高官が立候補 WTO事務局長選、米動向カギ

南朝鮮人が国連事務総長を務めたときにどうだったかを世界は思い出すべきです。国際機関を自国の国益のための道具とすることは自明です。国際水路機関(IHO)のトップも南朝鮮は狙っていますが、それも日本海の名称をひっくり返そうという不純な動機からです。絶対に阻止しなければいけません。

東京都の新たなモニタリング項目を公表 小池都知事

石原知事の時代の蓄えを大方使い果たした今となっては休業補償の財源がない。だから休業要請できない。休業要請を回避するためには明確な数値基準があってはまずい。小池知事のそんな心の声が聞こえてくるようです。

|

« 世の中は激動の日々なのに、憲法審査会は時間が止まっている | トップページ | 今年の8月は大変なことになりそうだ »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 世の中は激動の日々なのに、憲法審査会は時間が止まっている | トップページ | 今年の8月は大変なことになりそうだ »