« 隣国に恵まれない日本 | トップページ | 最近のニュースから »

2020年6月15日 (月)

世の中は激動の日々なのに、憲法審査会は時間が止まっている

拉致被害者家族「政府は実行あるのみ」 横田滋さん死去受け署名活動

何を書いても薄っぺらなコメントに思えてしまうのですが、横田滋さんが家族会の先頭に立って日本政府はもちろん、アメリカ政府まで動かしたのは心底すごいと思います。あんなに頑張っていたのにめぐみさんとの再会が果たせなかったのは残念としか言いようがありません。北朝鮮を動かすにはどうしたらいいのか・・・?

【主張】憲法審査会 信じられない怠けぶりだ

維新以外の野党は、憲法審査会を憲法を議論する場ではなく、憲法の議論を止めるための道具としか考えていないようです。国会議員としての責務を果たす意思がない人たちに自民党はいつまで付き合うつもりなのでしょうか? 少数意見の尊重は大事ですが、少数の横暴は民主主義を壊します。自民党と維新だけでもいいから、建設的な議論を進めるべきです。

「お願いだから平和的に」死亡男性の弟、破壊行為やめるよう訴え

弟さんの言う通りです。”Defund the police”などと書かれたプラカードが見受けられますが、あまりにも馬鹿げています。一部の首長が迎合しているのが気がかりです。人種差別反対は当然なのですが、それに便乗した極論までが容易に異議を唱えられない宗教と化してきているみたいです。

北朝鮮の武力行使示唆に韓国政府「南北合意順守すべき」

民族の血は争えませんな。

チェコ上院議長、9月に台湾訪問へ 蔡英文氏との会談調整

前任者のようになりませんように、身辺にはくれぐれもお気をつけ下さい。

|

« 隣国に恵まれない日本 | トップページ | 最近のニュースから »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 隣国に恵まれない日本 | トップページ | 最近のニュースから »