« 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(1) | トップページ | 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(3) »

2020年3月21日 (土)

新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(2)

ドイツのメルケル首相やフランスのマクロン大統領は、アメリカのトランプ大統領を一国主義だと言って批判してきましたが、その偽善性が改めて明らかになりました。

 

改めてというのは、中東・アフリカからの難民を当初は積極的に受け入れ、EU加盟国の中で慎重な姿勢を示した国を非難していたにもかかわらず、今では門戸を閉ざしているという前例があるからです。

 

イタリアがEU諸国に医療物資やマスクの提供を求めたのに対して、ドイツやフランスは国内供給を優先して輸出を禁止しました。これは一国主義ではないのでしょうか? 何たる偽善か。挙句には、中国がイタリアに医療チームを派遣して、パンデミックの元凶である中国が支援国としてイタリアに感謝されるという、中国の宣伝工作を許すことになってしまいました。

 

一国主義を堂々と主張するトランプ氏より、人道主義者の仮面をかぶったメルケル氏やマクロン氏の方がはるかにタチが悪いです。

 

|

« 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(1) | トップページ | 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(3) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(1) | トップページ | 新型コロナウイルスの感染拡大で思うこと(3) »