« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月30日 (日)

今年は南朝鮮の正体が周知されたのではないか

2018年は残すところあと2日のみとなりました。今年もいろいろなことがありましたが、南朝鮮の正体が広く日本国民に知られるようになった1年だったと言えるのではないでしょうか。

 

自称・元慰安婦に関する合意を反故にしたこと、自称・元徴用工に関する南朝鮮最高裁判決。対北朝鮮経済制裁を何とか緩和しようと奔走し、大統領自ら金正恩の伝書鳩になったこと。極めつけは今月20日に南朝鮮の駆逐艦が自衛隊の哨戒機に火器管制レーダーを照射した件。素直に認めて謝罪すべきところを、二転三転する言い逃れをする始末。さらには日本は騒ぎすぎだとか、日本側に非があるとか。彼らには誠意のかけらもなく、嘘でできあがっているのだということが改めてよくわかります。

 

こういう国は信用できませんから、それ相応の付き合い方と言いますか、適度な距離を置く必要があります。今日はTPPが発効しましたが、彼らが参加を望んでも決して認めてはいけません。何しろ国家間の合意を守れない国ですから。

 

南朝鮮は若者の就職難で困っていて、日本で就職することを希望する者が多いようですが、ご遠慮願いましょう。後になって、強制的に日本に行かされ、低賃金で過酷な労働を強いられたと主張し出すかもしれませんから。

 

日本は南朝鮮にとって仮想敵国だということですから、朝鮮半島有事の際に助けてほしいなどとは全く考えていないに違いありません。南朝鮮防衛のための在日米軍の作戦に対する後方支援を自衛隊がすることは、南朝鮮国民の感情を害することになります。その気持ちを尊重して、日本は何もしないことにしましょう。

 

通貨スワップもしかり。経済大国である南朝鮮にそのようなものは必要がありませんから、万一そのような協定を日本と結びたいという申し出があっても、「まあまあ、そんなご謙遜はなさらずに」と、もっと自国経済に自信を持つようにお伝えするのが礼儀というものです。

 

火器管制レーダー照射の件に話を戻すと、防衛相が公開した動画でも南朝鮮はまだシラを切り通すつもりのようです。自衛隊の探知能力を敵性国家に明かすわけにはいきませんから、ここはアメリカに入ってもらってはどうでしょうか。アメリカにさらに詳細なデータを渡し、日本と南朝鮮のどちらの言い分が事実なのかを判定してもらうのです。今度という今度は嘘つきを徹底的に追い込むべきです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月21日 (金)

華為、「元徴用工」、IWC脱退

中国またカナダ人拘束 3人目 孟容疑者の米への引き渡し阻止

 

こうやって中国が圧力をかければかけるほど、華為技術(ファーウェイ)が危険な企業だということが明白になってきます。華為やZTEなどの機器を通信網から排除する取り組みの正しさを証明しています。

 

“元徴用工”ブーメランに文在寅大統領は?約1100人が韓国政府を提訴へ

 

南朝鮮政府を訴えるのは道理にかなっています。ただ、道理にかなっていても裁判の勝ち負けは全く別物なのが南朝鮮です。また、原告が親日のレッテルを貼られて、嫌がらせや暴力を受けないかが心配です。

 

日本政府、IWC脱退の方針固める 来週にも表明へ

 

吉と出るか、凶と出るか。心情的には賛成だけれども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »