« 諸国民の公正と信義はどこに? | トップページ | 朴大統領は妹に学べ »

2015年7月27日 (月)

温暖化と寒冷化、両方のリスクに備えることが必要

「2030年にミニ氷河期」大論争 英研究チームが衝撃の警告…気になる大論争の行方

 

(前略)

ザーコバ教授率いる研究チームは、太陽の表面近くでも発電効果が起きていることを突き止めた。研究を進めて、太陽内部の異なる2層でそれぞれ電磁波を発見。それをもとに算定したところ、黒点が今後、大きく減少して30年には、太陽の活動が現在の60%減と大幅に低下してミニ氷河期が到来することが分かったという。

 太陽天文学者の間では、黒点が大幅に減少する「マウンダー極小期」にミニ氷河期が起きるとされている。

 こうした現象は、ロンドンのテムズ川が凍結した1645~1715年以来になるが、この時も黒点が大幅減少していたという。

(中略)

米ペンシルベニア大で気象学を教えるマイケル・マン名誉教授はワシントン・ポスト紙に電子メールで「太陽活動が地球の気温に与える影響はほとんどなく、地球温暖化は今後何十年間も続く」と述べ、ミニ氷河期の到来を否定する。

(中略)

米海洋大気庁(コロラド州)の宇宙天気予報センター(SWPC)に勤務するダグ・ビーセッカー氏もCNNに「太陽は地球の気候変動に影響を与えているが、その役割は支配的なものではない。太陽活動のせいでミニ氷河期が起きるという概念は絶対真実ではない」と、今回の研究結果を強く否定している。

 

どうして、太陽活動が地球の気温に大きな影響を与えないなどと言えるのか、甚だ疑問です。温室効果ガスのごくわずかな増加が地球の気候を変えるほどのインパクトを持つと考える方が、よほど荒唐無稽に思えるのですが。

 

暑さに強い農作物の品種改良などが進められていますが、寒冷化のリスクと両にらみのスタンスでいないと危険だと思います。温室効果ガスによる温暖化説が正しかったとしても、火山の大規模噴火で寒冷化することだってあり得るのですから。

|

« 諸国民の公正と信義はどこに? | トップページ | 朴大統領は妹に学べ »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 温暖化と寒冷化、両方のリスクに備えることが必要:

« 諸国民の公正と信義はどこに? | トップページ | 朴大統領は妹に学べ »