« 見えない戦争 | トップページ | 今週末の気になるニュース »

2011年9月25日 (日)

秒速299,799.9kmの衝撃

光速超えるニュートリノを日欧チームが観測、「時間旅行も可能」

アインシュタインの相対性理論は、その名前は大抵の人が聞いたことがあるくらい有名です。文系の私でも、質量とエネルギーの関係を示すE=mc2の数式や、光速に近い速度で移動すると時間の進行が遅くなるとか、重力が空間を歪めるというようなことを聞きかじっています。

その理論を修正しなければいけなくなるかもしれない大発見かも、です。理論上は、過去へのタイムトラベルが可能ということになりかねないのですが、そうなると次はタイムトラベルのパラドックスという難問が待ち構えています。一体どこまで行けば、宇宙の物理現象をすべて説明できる統一理論に辿り着けるのでしょうか。

ところで、ニュートリノの速度を日本でも検証実験をしようということになるのでしょうけど、そのための加速器は莫大な電力を消費するのでは? 原発が次々に停止していく日本で可能なのでしょうか。

|

« 見えない戦争 | トップページ | 今週末の気になるニュース »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秒速299,799.9kmの衝撃:

« 見えない戦争 | トップページ | 今週末の気になるニュース »