« 渤海湾の原油流出事故のその後 | トップページ | 中国が空母を保有する理由 »

2011年8月13日 (土)

韓国は結局、自分が中心になりたいだけ

韓国政府は支離滅裂の度合いを増してきました。「公海に特定の国の名前を付けるのはおかしい」というのが「東海」を主張する根拠のひとつだったはずです。これでは自己否定です。もっとも、「公海に特定の国の名前を付けるのはおかしい」という理由は、インド洋、東・南シナ海などで簡単に否定できるのですが。

ただ単に、自分中心でなければ気が済まないだけなのは、黄海を西海と呼び、東シナ海を南海としていることから明らかです。真面目に相手にするだけバカバカしいよ、国際水路機関(IHO)理事の皆さん。

東海呼称問題:「韓国海という名称も検討」

韓国政府、19年ぶりに政策変更を示唆

【金真明(キム・ジンミョン)記者】 国際的な地図や海図での東海(日本海)の英文表記をめぐり、韓国政府が、「東海(East Sea)」ではなく「韓国海(Sea of Korea)」と表記する案について近々議論を開始することが12日、分かった。

 外交通商部(省に相当)の金星煥(キム・ソンファン)長官は12日、定例記者会見で、東海ではなく別の名称の使用を検討するのかという質問に対し「失われた歴史的な名前(朝鮮海など)を取り戻すのに役立つなら、さまざまな案を検討することができる。国連に加盟した当時も、その問題について検討した」と述べた。

 金長官のこうした発言は、韓国を国際社会にきちんとアピールできず、他国からも十分理解を得られていないと批判されている「東海」表記に代わり、「韓国海」という表記を検討してもよいとの立場を明らかにしたもの。また、この件について韓国政府の別の当局者は「1992年から進めてきた『東海』表記の普及は大きな成果を挙げられずにおり、『東海』が『日本海』と併記されても実益はないという批判がある。東海ではなく、韓国海を日本海と併記する案の方が、国際社会に対しはるかに説得力を持っている」と語った。

 実際、韓国の外交官が他国に東海・日本海の併記を要請する際も「韓国は、方角を表わす『東海』の表記を主張するが、これにより韓国が得る利益は何か」と問われ、きちんと答えられないケースが多かったという。

 韓国政府の別の当局者は「国際水路機関(IHO)は、東海・日本海併記についてきちんと結論を下していないので、新たに「韓国海」を提案することが問題解決につながるだろう」と語った。

 これについて、イ・ドンス韓国海研究所長はメディアに寄稿し「東海は西洋の古地図で短期間使用されたが、韓国海に変更されたため消えた名称。日本による植民地支配が始まるころに大韓帝国が使用していた名称も、東海ではなく大韓海や朝鮮海だった」と説明した。

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

|

« 渤海湾の原油流出事故のその後 | トップページ | 中国が空母を保有する理由 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 韓国は結局、自分が中心になりたいだけ:

« 渤海湾の原油流出事故のその後 | トップページ | 中国が空母を保有する理由 »