« 環境団体なんて、所詮はこんなものか | トップページ | ゲゲゲのダービー »

2010年12月 4日 (土)

生物学の常識を覆す発見と言われているけれど

生命には炭素、水素、窒素、酸素、リン、硫黄の6元素が必須だと言われていた、今までの常識は根拠薄弱だと、私はずっと思っていました。ですから、実例を発見してくれたのは業績だと思いますが、「生物学の常識を覆す発見」というふうに評する向きには、単にあなたの頭が固かっただけでしょう、というのが正直な気持ちです。

深海底の熱水鉱床のような、生物が存在するとはおよそ考えられない場所で生物が発見されています。さらに、人類は地球上の生命モデルしか知りません。地球とは異なる環境での生命発生モデルがないと、どうして言えるでしょうか。極端な話、水がなくても、酸素がなくても、超高温・低温や超高圧下でも、生命は誕生するかもしれません。

ほんの一部しかわかっていない人類が、その限られた知見をもとに、生命に関する常識を推し量るには限界がある。そういう当然のことを自覚する謙虚さが、私たちには必要だと思います。

ヒ素食べる細菌、NASAなど発見 生物の「常識」覆す

 猛毒のヒ素を「食べる」細菌を、米航空宇宙局(NASA)などの研究グループが見つけた。生物が生命を維持して増えるために、炭素や水素、窒素、酸素、リン、硫黄の「6元素」が欠かせないが、この細菌はリンの代わりにヒ素をDNAの中に取り込んでいた。これまでの「生物学の常識」を覆す発見といえそうだ。

 今回の発見では、NASAが記者会見「宇宙生物学上の発見」を設定したため、「地球外生命体発見か」と、CNNなど国内外の主要メディアがニュースやワイドショーで取り上げるなど「宇宙人騒動」が起きていた。

 この細菌「GFAJ―1」株は、天然のヒ素を多く含む米カリフォルニア州の塩湖「モノ湖」の堆積(たいせき)物から見つかった。研究室で培養して調べたところ、リンの代わりにヒ素を代謝に使い、増殖していた。リンは、炭素などほかの5元素とともに、生命体が核酸(DNAやリボ核酸)やたんぱく質などを作るのに必要な元素だ。ヒ素とリンは化学的な性質が似ている。

 これまで、永久凍土や深海の熱水の中など「極限環境」で生きる微生物は複数見つかっているが、こうした性質はもっていなかった。

 地下水や土壌のヒ素汚染に苦しむ地域において、汚染環境の浄化に応用できる可能性も秘めているという。

 この発見は、生命が環境に応じて柔軟に対応できることを示しており、地球外生命体探しでの「生命に必須な水を探す」といった「常識」も覆される可能性がありそうだ。

 金沢大の牧輝弥准教授(微生物生態学)は「これまでは生物が利用できないと考えられていた物質の満ちた環境でも、微生物が増殖し生存する可能性が出てきた。この細菌の発見で生物細胞を構成する『六つの元素』の概念が変わり、生物細胞内での新たな代謝の仕組みが提唱されるかもしれない」としている。

 研究成果は2日付の米科学誌サイエンス電子版で発表される。(松尾一郎、勝田敏彦=ストックホルム)

|

« 環境団体なんて、所詮はこんなものか | トップページ | ゲゲゲのダービー »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 生物学の常識を覆す発見と言われているけれど:

« 環境団体なんて、所詮はこんなものか | トップページ | ゲゲゲのダービー »