« アジア諸国が日本の対応を見ている | トップページ | 今週のニュースから »

2010年9月13日 (月)

地方分権って、そんなにいいことなのか?

民主党は地方主権と称して、地方のことは地方で決められるように財源と権限を与える。使い道を限定した補助金をやめて、自由に使える一括交付金にする。それで地方が活性化すると言います。進行中の代表選では、特に小沢陣営が好んでアピールしています(陳情窓口を幹事長室に一本化した人の言葉とは思えませんが)。

本当に地方が活性化するなら、それは夢のような話です。でも、そんなに単純にうまく行くのかな?

主体が市町村なのか、都道府県なのか、はたまた道州なのかはっきりしませんが、いずれにせよ財源と権限を持つようになった自治体は、自分の頭と力で勝負することになります。活性化に成功するところもあれば、失敗するところも出るはずです。失敗して夕張市のように財政破綻した自治体に対して、国はどう関わるのか。権限を持たせるからには、結果責任も厳しく負わせなければいけませんが、それだけでいいのかという議論が当然あるでしょう。

高速道路を自治体の判断で建設できるとなると、必要性が低いもの、採算が取れる見込みがないものも造られる恐れが大きくなります。民主党が徹底的に削減しようとしているはずのムダばかりになりそうで心配です。

民主党がマニフェストで建設中止とした八ッ場ダム。関係自治体はこぞって完成させることを求めていますが、これも造っていいんですね?

自治体の首長にはおかしな人が選ばれることもあります。鹿児島県の某市長みたいな人が専決処分で好き放題にお金を使っても、国は文句を言わない覚悟があるんでしょうか。

保育園の設置基準などの細々したところは、国が最低ラインを決めた上で、地方の裁量に任せていいと思います。でも、道路や空港みたいに、国全体の視点から考えるべきものあります。私は地方分権には緻密な制度設計が必要だと思いますので、民主党のような雑で乱暴な発想には反対です。

|

« アジア諸国が日本の対応を見ている | トップページ | 今週のニュースから »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1213313/36703407

この記事へのトラックバック一覧です: 地方分権って、そんなにいいことなのか?:

« アジア諸国が日本の対応を見ている | トップページ | 今週のニュースから »